内科・循環器内科・消化器内科・内視鏡内科・外科・肛門外科・リハビリテーション科

睡眠時無呼吸外来

診療医のご紹介

私は医師になりたての当時、睡眠時無呼吸症候群についての知識がまったくなく、普通の循環器内科専門医として生活習慣病や心臓病の患者さんの診療に従事しておりました。

そんな時、ちょっとしたきっかけで睡眠時無呼吸症候群が生活習慣病や心臓病の治療経過をずいぶん悪くしている事を知りました。

そして、診療に睡眠時無呼吸症候群の検査や治療を取り入れていきました所、それがとても有効であることに気が付きました。

そこで、おおうち病院で診療するようになってからは睡眠時無呼吸症候群をしっかり診療できるよう設備を整え、スタッフの教育、自身の勉強と一生懸命取り組んできました。

睡眠時無呼吸症候群の的確な診断と治療を通じて、皆さまの心臓と血管を守り、健やかで幸せな人生を送って頂きたいと強く願っています。

院長 日域大輔

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群は、眠り出すと呼吸が止まってしまうため、日中の強い眠気や高血圧など循環器疾患を引き起こす病気です。

「睡眠中のいびきや呼吸停止」「日中の強い眠気」「血圧が下がり難い」などの症状でお困りの方はお気軽にご相談ください。

ご自宅にて手軽に行える簡易検査の他、
精密検査や専用治療機器(CPAP治療)を用いた治療も実施致しております。

日本循環器学会 循環器専門医 / 日本睡眠総合健診協会 CPAP療法士の院長が診療させて頂いております。

どうぞお気軽にご相談ください。

主な症状

  • 大きないびき
  • 睡眠中の呼吸停止、窒息感
  • 日中の強い眠気、起床時の熟睡感不足、集中力低下
  • 夜間頻尿

主な合併症・症候

  • 居眠り運転や交通事故の発生
  • 認知症・抑うつ気分
  • 高血圧・不整脈・狭心症・心筋梗塞・心不全・多血症
  • 胃酸逆流・糖尿病・脂質異常症・脂肪肝・高尿酸血症・性的不能


検査の流れ

*睡眠時無呼吸症の検査・治療には健康保険が適応されます。


1.初回受診

医師による問診と診察を行います。


2.検査(簡易検査)

初回受診時に携帯型検査装置をお持ち帰りいただき、ご自宅にて検査を行って頂きます。

検査装置は就寝時に装着し起床時に取り外します。

指と鼻腔に2つのセンサーを取り付けるだけで6項目の測定(呼吸・酸素飽和度・いびき・脈拍数・体位・体動)が行えます。


検査は簡便で痛みは伴いません。

*検査費用は3割負担の方の場合3,000円程度です。

*検査装置のレンタル料は無料です。

3.検査(精密検査)

簡易検査の結果、必要と判断された方に精密検査を受けて頂きます。

簡易検査と同じく就寝時に装着し起床時に取り外します。


検査に痛みは伴いませんが装着するセンサーが多く技術を要するため、当院に宿泊して頂き検査施行致します。


検査宿泊の方は専用駐車場をご利用いただけます。
ご希望の際には1階受付窓口までお申し出ください。

*検査費用は3割負担の方の場合13,000円程度です。

4.診断

再度ご来院頂き、検査結果と治療方針についてご説明を致します。


5.治療

重症の睡眠時無呼吸症候群と判定された方には、CPAP(シーパップ)治療を行います。

CPAP治療とは顔に装着したマスクから鼻腔を通じて持続的に空気による陽圧を加え上気道の閉塞を防ぐことにより、無呼吸を取り除く治療法です。


*治療費用は3割負担の方の場合、月々4,000円程度です。




予約・お問合せ

tel 082-243-0001


参考HP


初診受付サービス

クリニック案内

医院名 医療法人三和会
おおうち病院
院長 日域 大輔
住所 〒730-0051
広島県広島市中区大手町3丁目7-11
診療科目 内科・循環器内科・消化器内科・内視鏡内科・外科・肛門外科・リハビリテーション科
電話番号 082-243-0001
FAX番号082-243-9265